*

ナンパに関する法律

※2014年12月26日時点での法律に基づいています

※このブログはリンクフリーなのでこの法律に関するページへできるだけリンクを張ってほしいと思います。ナンパで人生を棒に振る人をできるだけ減らすために。

ナンパは女の子との出会いを最大限に増やしたくさんの女の子とHをできる非常にメリットの大きいツールですが、ルールをしっかり守って活動しなければ逮捕されて人生を棒に振ってしまう可能性があります。どんな法律があるのか、何をしてはいけないのかということをしっかりと理解して逮捕されないようにナンパ活動をしてください。

例え女の子と合意の上でのセックスでも逮捕される時は簡単に逮捕されてしまいます。

どのようにして逮捕されるのか?

逮捕される場合、現行犯逮捕通常逮捕されます。緊急逮捕という形式もありますが、基本的に現行犯逮捕か通常逮捕の2つのパターンです。

事件の発覚

現行犯で逮捕される場合は犯罪行為を犯して、その場で事件化します。そうではないパターンとして、本人が被害届を出すケースと親が被害届を出すケースが多くなります。

ナンパにおいては、合意の上でのセックスでも事件化することがあります。

淫行条例の場合は和姦であっても、女の子が未成年なので親の一存で被害届を出すことができます。また、その女の子が補導されたり、援助交際をしてそれが事件化して、そこから芋づる式に事件化することもあります。

ナンパならではの特殊なパターンとして、彼氏や友人などが強引に事件化させることがあります。和姦であっても、女の子は彼氏や友人に対して自分が「軽い女だと思われない」ために、「悪者にならない」ために、「ナンパしてきた男に強引に犯された」といった嘘をつくことがあります。そして、そのまま引っ込みがつかなくなって、警察に被害届けを出すというケースもあります。

また、レアケースとして、女の子が逆恨みをして嘘をついて「無理やり犯された」と被害届を出すケースもあります。

ただ、こういった和姦からトラブルに発展するケースはちゃんと対策をすることで、冤罪になる可能性を消すことができます。そういった対策に関してはトラブル防止&対策で解説します。

現行犯逮捕

場所的・時間的に犯人であると確かな場合は現行犯逮捕されます。現行犯逮捕というのは一般人でもできる行為です。

声をかけた時に女の子が嫌がっているのに触ったり、しつこくつきまとったりした場合に女の子や第三者や近くにいた警官に軽犯罪法違反、迷惑防止条例違反、強制わいせつ罪などによって現行犯逮捕されるケースがあります。

連れ出しやアポで女の子に無理やりわいせつなことをした場合に、女の子や店員などに通報されて現行犯逮捕されるケースもあります。

これらのケースがナンパにおける現行犯逮捕で代表的なパターンです。

通常逮捕

通常逮捕とは裁判官が発行する逮捕状による逮捕です。

現行犯逮捕されずに女の子や親が被害届を出した場合、それに基づいて捜査が行われ、裁判官が逮捕状を発行して逮捕されます。

淫行条例や児童買春、児童ポルノなどで18歳未満が被害者の場合、女の子が補導されたりして事実が明るみに出て、警察が捜査を進めて逮捕されるというケースもあります。

逮捕までの流れは、警察から任意出頭で呼ばれ任意の事情聴取の後に逮捕されるか、任意出頭などはなく警察の内偵捜査の後に突然逮捕されるという2つのケースが代表的です。

児童買春の事件当日から逮捕までの期間のデータに以下のものがあります。

事件当日~1ヶ月未満
約5%
1ヶ月~3ヶ月
約25%
3ヶ月~6ヶ月
約40%
6ヶ月~12ヶ月
約30%
1年以上
約2%


事件当日から半年前後に逮捕されるというケースが多く、長い場合は1年以上も経ってから逮捕されているケースもあります。犯罪を犯して忘れた頃にある日突然逮捕されるということもあるのです。

例え和姦であっても女の子の証言だけで逮捕されるケースもあります。刑事は正義のために頑張っているとは思わない方がいいでしょう。女の子の親が有力者であった場合などは、和姦でも女の子の供述次第で、より簡単に逮捕されることもあります。

逆に小さな事件や証拠に乏しい事件の場合、他の事件を優先して全く動かないということもあります。

緊急逮捕

緊急逮捕とは、「重大な犯罪」を「犯したと疑う十分な理由」があり「逮捕状の発行が間に合わない時」に行われる逮捕です。あまりないレアケースになります

「重大な犯罪」とは死刑・無期又は長期3年以上の懲役もしくは禁錮の罪です。「長期3年以上」というのは、罰則の「○月以上●年以下」の上限の方を指します。例えば罰則が「6ヶ月以上2年以下の懲役」というものであれば、上限の「2年」が長期ということになります。この場合「長期3年以上」に当てはまらないので緊急逮捕の対象にはなりません。

強制わいせつは長期10年、強姦は長期20年という重大な犯罪なので救急逮捕の対象になります。迷惑防止条例や軽犯罪法の場合は長期が3年未満なので緊急逮捕になることはありません。

ただ、警察は職務質問や任意同行で取り囲んで逮捕同様に扱うので、緊急逮捕されなくても実質的に逮捕されたようになってしまうことが多くなります。

声かけと並行トークで気をつける法律

まずは、ナンパにおける声かけと並行トークで犯罪を犯さないために気をつける法律の説明をします。ここでの法律は2014年5月1日時点のものになります。

軽犯罪法

第1条28号 他人の進路に立ちふさがって、若しくはその身辺に群がって立ち退こうとせず、又は不安若しくは迷惑を覚えさせるような仕方で他人につきまとった者

第2条 前条の罪を犯した者に対しては、情状に因り、その刑を免除し、又は拘留及び科料を併科することができる。

ナンパで声をかけて並行トークでしつこくしすぎると、軽犯罪法違反となり拘留(30日未満の拘置)や科料(1万円未満の罰金)になることがあります。拘留される可能性も法的にはありますが、実際は拘留までされる可能性はほとんどありません。

これに違反しないようにするには「嫌がっている女の子にしつこくしない」ということに尽きます。これさえ守ってナンパをすれば、ナンパで軽犯罪法違反になることはありません。

軽犯罪法違反で逮捕される要因

  1. 嫌がっている女の子にしつこくつきまとう
  2. 女の子が強い嫌悪感を抱く
  3. 現場を警察官に見られる

軽犯罪法違反で捕まる場合のほとんどが、町にいる警官や刑事に見られて現行犯という形になります。私服警官などがいる場合はどうしようもありませんが、制服の警察官がいる時は念のためにに声かけを控えるのが無難になります。スカウトやキャッチと間違われて職務質問される可能性があります。本当に純粋なナンパの声かけで強引でもなく特別にしつこくもないのであれば、純粋なナンパと言い張ることで逮捕までされることはまずありません。

軽犯罪法違反で逮捕されないために

ストリートナンパでは声をかけて女の子の反応が悪くてもある程度粘ることも必要です。最初は無視をしていた女の子や反応が悪かった女の子を連れ出して即日セックスすることも多々あります。

反応が悪い女の子に粘りつつも軽犯罪法違反で捕まらないようにするためにはどうすればいいのか?

  1. ターゲットの女の子にマッチするルックスにする
  2. 嫌悪感の表情をしている女の子に粘りすぎない
  3. 女の子の気分を害することを言わない
  4. 安易に女の子にボディタッチをしない

1.ターゲットの女の子にマッチするルックスにする

まずはファッション、髪型をターゲットの女の子にマッチさせ、身だしなみを整えることが基本になります。

不潔な気持ち悪いオタクファッションの男に声をかけられると、女の子はそれだけで迷惑だと思います。女の子が嫌な思いをすればするほど、女の子の被害感情が強くなるので事件化しやすくなります。これはナンパをする以前の準備段階ですべきことになります。

2.嫌悪感の表情をしている女の子に粘りすぎない

ナンパをした女の子の表情をちゃんと観察して、嫌がっているのかどうかということをしっかりと把握するようにしてください。多少なりとも笑顔が出ているようであれば、問題になる可能性はほとんどないと言えます。

3.女の子の気分を害することを言わない

女の子に対して文句、悪口、下ネタといった、女の子が気分を害するようなことは言わないようにしないといけません。何事もなく済む場合でも女の子を怒らせてそれによって被害感情が強まり事件化する可能性が高くなります。

4.安易に女の子にボディタッチをしない

これも女の子の気分を害する可能性が高くなるので、ナンパ初心者の場合は特に気をつけなければいけないポイントです。軽犯罪法だけではなく軽犯罪法違反より重い迷惑防止条例違反になってしまう可能性があります。

迷惑防止条例

迷惑防止条例は各都道府県別に制定されている条例で、多くの都道府県で同様の条項があるものになっています。迷惑防止条例違反は刑法よりは軽い違反であることが多くなりますが、逮捕されることもあります。

ナンパで問題になる条項

東京都の迷惑防止条例でみていきます。

第5条 何人も、正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であつて、次に掲げるものをしてはならない。
 公共の場所又は公共の乗物において、衣服その他の身に着ける物の上から又は直接に人の身体に触れること。
 前二号に掲げるもののほか、人に対し、公共の場所又は公共の乗物において、卑わいな言動をすること。

一の違反の罰則:一年以下の懲役又は百万円以下の罰金
三の違反の罰則:五十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料

公共の場所:道路、公園、広場、駅、空港、ふ頭、興行場その他

これは痴漢にも適用される条項です。公共の場所や公共の乗物で、女の子の服の上から触ったり、直接体を触ったりすると違反行為になります。

迷惑防止条例違反で逮捕されないために

ナンパで迷惑防止条例で逮捕されないためには、声をかけて並行トークをしている段階で「安易に触らない」「卑猥な言動をしない」ということに尽きます。これらはナンパで成功するために必要のないことでもあります。ナンパの成功に必要のないことをして逮捕されるのは馬鹿らしいことですし、女の子が不快感を持つように触ることは痴漢と同じです。

ボディタッチやソフトタッチはリスクが高いのか?

これは女の子が触られることで嫌な思いをした、わいせつな触られ方をした、というものでなければ問題になる可能性は高くありません。女の子が楽しくトークをしているような状態で肩や腕に軽く触る程度は問題ないでしょう。女の子が楽しくトークできているかどうか空気を読めない人は女の子へのボディタッチはするべきではありません。

また、この迷惑防止条例で規定されているのは、「公共の乗物」「公共の場所」での行為です。公共の場所とは、不特定多数の公衆が自由に出入りして利用できる場所ということなので、カラオケボックスやホテル等の個室は該当しません。

ただ、公共の場所ではなく迷惑防止条例に違反しないからと無理やり女の子にわいせつな行為をすると、迷惑防止条例より重い強制わいせつに違反することになります。

迷惑防止条例の「つきまとい」は問題にならないのか?

迷惑防止条例にも「つきまとい行為等の禁止」という条項があります。

第五条の二 何人も、正当な理由なく、専ら、特定の者に対するねたみ、恨みその他の悪意の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、不安を覚えさせるような行為であつて、次の各号のいずれかに掲げるもの(ストーカー行為等の規制等に関する法律(平成十二年法律第八十一号)第二条第一項に規定するつきまとい等及び同条第二項に規定するストーカー行為を除く。)を反復して行つてはならない。この場合において、第一号及び第二号に掲げる行為については、身体の安全、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下この項において「住居等」という。)の平穏若しくは名誉が害され、又は行動の自由が著しく害される不安を覚えさせるような方法により行われる場合に限るものとする。
 つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居等の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。

ただし、この条項には「特定の者に対するねたみ、恨みその他の悪意の感情を充足する目的で」とあるので、ナンパでの声かけ・並行トークは該当しません。

刑法(住居・建造物侵入罪)

第130条 正当な理由がないのに、人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物若しくは艦船に侵入し、又は要求を受けたにもかかわらずこれらの場所から退去しなかった者は、3年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

簡単に説明すると、「正当な理由なく」「住居または建造物に」「侵入する」と犯罪になります。

これは、ナンパにおいて問題になるのはレアケースですが、ナンパでこの罪で逮捕された人も実際にいます。

ナンパで女の子に声をかけて並行トークをしていると、女の子が自宅マンションや勤務先の建物に入ることがあります。そういった場合、女の子が嫌がっているのにそのままついていってマンションや建物に入るとトラブルに発展し逮捕される可能性があります。特に警備員がいるようなマンションや建物の場合は危険です。

そういった場所ではなく、コンビニやショップやデパートといった、誰もが入るような場所であれば、並行トークの延長で女の子と一緒に入っても問題にはなりにくいと言えます。そういった場所であればナンパをした男も「買い物をする」という建前を作り「正当な理由」がある状態にすることができるので、建造物侵入罪を適用するのは難しいでしょう。

ナンパではある程度の粘りも必要になるので、女の子が笑顔でトークをしてくれているようであれば、一緒に入ってナンパの成功率を高めましょう。

刑法(強制わいせつ)

176条 13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

どういった行為が違反になるかを簡単に説明すると、無理矢理にキスをしたり胸や局部を触ったりする行為です。

これは当たり前のことですが、ナンパをしていると麻痺しやすい感覚でもあります。強制わいせつに違反しないように、ナンパのすべての局面でしっかりと気をつけなければいけません。声をかけて並行トークや立ち止めトークをしている時も、アポや連れ出しで行った店内でも、強引に女の子を触らないようにしなければいけません。

迷惑防止条例違反と強制わいせつの違い

例えば、痴漢でも迷惑防止条例違反になる場合と強制わいせつ罪になる場合があります。この違いは「暴行または脅迫」が用いられているかどうかです。

服の上からおしりを撫でるような場合は、「暴行または脅迫」が用いられていないことになります。ただ「暴行」というのは非常に範囲が広いものです。下着の中に手を入れるような行為はそれが暴行とみなされて強制わいせつ罪が適用されます。

もう1つの違いが行為の場所です。迷惑防止条例は公共の乗り物と公共の場所での行為が該当しますが、強制わいせつ罪は行為の場所を問いません。

連れ出しやアポで気をつける法律

連れ出しやアポ全般において気をつけるべき法律を解説します。

条例に関しては東京都の条例をもとに解説します。ほとんどの都道府県で同様の内容が制定されています。念のためナンパ活動をする都道府県の条例はチェックしましょう。また条例は、行為が行われた場所の条例が適用されます。当事者が住んでいる場所などは関係ありません。

東京都青少年の健全な育成に関する条例(深夜外出の制限)

各都道府県において条例名は多少異なってきます。またこの条例での青少年とは18才未満の者を指します。

第十五条の四 2 何人も、保護者の委託を受け、又は同意を得た場合その他正当な理由がある場合を除き、深夜(午後11時から翌日午前4時まで)に青少年を連れ出し、同伴し、又はとどめてはならない。

罰則:30万円以下の罰金

ここで規定されている年齢や時間帯は都道府県によって異なります。例えば大阪の場合は16才未満は午後8時から翌日午前4時まで、16才以上18才未満は午後11時から翌日午前4時までが禁止となります。

この条項により、東京都では18才未満の女の子と深夜一緒にいるだけで条例違反になります。ナンパに限らず元々の知り合いであっても違反になり逮捕された例もあります。ナンパの場合、女の子の保護者に許可をもらうケースはほとんどないので、気をつけなければいけません。

女の子がパッと見で18才未満だと分かるような場合、職務質問されてしまう可能性もあります。

東京都青少年の健全な育成に関する条例(青少年に対する反倫理的な性交等の禁止)

いわゆる「淫行条例」と言われているものです。

第十八条の六 何人も、青少年とみだらな性交又は性交類似行為を行つてはならない。

罰則:2年以下の懲役または100万円以下の罰金

東京都の場合「わいせつな行為」は含まれていません。ということは「キス」程度は該当しないということになります。「キス」は「性交類似行為」とは言えません。どこからどこまでが「性交類似行為」に当たるのかということは、実際に裁判で争われて判決が出なければ分かりません。性器に触れ合うような行為はアウトでしょうが、服の上から胸を触る程度であればセーフかもしれません。線引きが明確ではない以上こういったグレーゾーンの行為もしないようにしましょう。

また、東京都以外の都道府県では「わいせつな行為」が淫行条例によって禁止されているケースが多々あります。そういった都道府県では18才未満とキスをしただけでアウトになります。

ちょっと特殊な大阪府の淫行条例

大阪府の淫行条例は他の都道府県とは違う規定があるので、淫行条例違反は成立しにくくなっています。

(みだらな性行為及びわいせつな行為の禁止) ※一部抜粋
第34 条 何人も、次に掲げる行為を行ってはならない。
(1)青少年に金品その他の財産上の利益、役務若しくは職務を供与し、又はこれらを供与する約束で、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと(児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成11 年法律第52 号)第2条第2項に該当するものを除く。)
(2)専ら性的欲望を満足させる目的で、青少年を威迫し、欺き、又は困惑させて、当該青少年に対し性行為又はわいせつな行為を行うこと。

 (1)は後述する児童買春よりも軽い行為を禁止しているものです。お金や物、金銭的な利益、仕事などを女の子に与えたり、与える約束をして性行為またはわいせつな行為をすることを禁止しています。これは純粋なナンパではあまり関係ありませんが、「何かをおごるからHをしよう」と言ってHをすると条例違反になります。

(2)の規定が他の都道府県の淫行条例と異なる部分です。淫行条例が成立する要件に「威迫」「欺き」「困惑」という「手段の限定」があります。簡単に説明するとそれぞれ「暴行・脅迫ほどではなく行為による威圧」「嘘をつく」「立場の弱みにつけこむ」といったことになります。大阪府ではこういった手段を用いなければ淫行条例にならないため、他の都道府県に比べてナンパで淫行条例で逮捕される例は少なくなります。東京都ではナンパで知り合った18才未満の女の子とその日にセックスをすれば確実に淫行条例でアウトになります。

淫行条例は各都道府県によって異なるのでナンパ活動をする都道府県の淫行条例をしっかりとチェックをしましょう。2014年5月1日時点では長野県には淫行条例に該当する条項がありません。ただし、市町村の条例で制定されている場合もあるので注意が必要です。

恋愛と淫行の違いは?

淫行条例で18才未満の女の子とのセックスが禁止されていても、ちゃんとした交際関係にある女の子とのセックスは違法にはなりません。

昭和60年10月23日 / 最高裁判所大法廷
福岡県青少年保護育成条例(一〇条一項)※当時の規定
「何人も、青少年に対し、淫行又はわいせつの行為をしてはならない。」
福岡県青少年保護育成条例一〇条一項の規定にいう「淫行」とは、青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいうものと解すべきである。

このように「淫行」は「自分の欲望を満足させるための対象としている」ことが条件になると最高裁で判決が出ています。

ちゃんとした恋愛関係にあるかどうかの基準は明確ではありませんが、ナンパした日にセックスをする即や、最初のアポでセックスをする準即などはちゃんとした恋愛関係だと認められず「淫行」として扱われるのは間違いないでしょう。「淫行」ではないと言うには、せめて数ヶ月程度の交際期間は必要だと思われます。3~4回会った程度だとかなり微妙なラインになるでしょう。

児童買春、児童ポルノ禁止法

正式名称は「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」です。

第二条  この法律において「児童」とは、十八歳に満たない者をいう。
2  この法律において「児童買春」とは、次の各号に掲げる者に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは児童に自己の性器等を触らせることをいう。以下同じ。)をすることをいう。
第四条  児童買春をした者は、五年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。

簡単に説明すると、「18才未満の女の子」に対して、「見返りを与え」または「見返りを与える約束をして」「性的な行為」をすることが禁止されています。

ここでの「見返り」には金品だけでなく、「家に泊めてあげる」ということも含まれるので、ナンパ師は注意が必要となります。

また、この法律における「性的な行為」にはキスや衣服の上から胸を触るという行為は含まれていません。そういった行為は「わいせつな行為」の範疇になります。淫行条例で「わいせつな行為」が禁止されていれば、児童買春禁止法よりも軽い淫行条例が適用されることになります。東京都の淫行条例の場合禁止されているのは「性交又は性交類似行為」であり、「わいせつな行為」は対象外になっているため、東京都では18才未満の女の子にお金を払ってキスをする行為を禁止する法令はないと考えられます。

児童福祉法

児童福祉法での「児童」とは18才未満の者です。

第三十四条 何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
六  児童に淫行をさせる行為

罰則:十年以下の懲役若しくは三百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

児童福祉法でも18才未満との淫行に関する条項がありますが、児童福祉法では「淫行をさせる」という条文になっています。この「淫行をさせる」ということに関して最高裁で「単に児童と淫行をするだけでは足らず、少なくとも児童に対し淫行を助長し促進する行為をすることが必要(最高裁昭和40年4月30日決定裁判集155巻595頁参照)」という判例が出ています。

つまり、単純に合意のもと淫行をしただけでは違反になりません。

児童福祉法違反で逮捕されている多くは、教師と生徒といった上下関係による強制力があるような場合です。そういった関係がある場合は「淫行をさせる」という強制力を明確に持つと判断されます。

そういった明確ではなくもっと弱い場合。上で記載した最高裁判決の「何が淫行を助長し促進する行為」に何があたるのはというのはグレーゾーンになります。「家出娘を家に泊めてあげる」という関係があった場合、淫行を助長したと判断される可能性は十分あります。ただ、こういった場合はより明確に条文で規定されている児童買春が適用される可能性が高いと言えるでしょう。

ナンパにおける18才未満との淫行に関しては、児童福祉法を適用しなくても淫行条例や児童買春を適用すればいいので、あまり関係のない法律といえます。ナンパをした18才未満と淫行した場合、児童福祉法に違反しているのであれば、淫行条例や児童買春に違反していることになります。

18才未満の女の子への対応

淫行条例、児童買春禁止法、児童福祉法などに違反した場合、「相手の女の子が18才未満だと知らなかった」という言い訳は通用しません。そのためナンパをした女の子にわいせつな行為をする前には、必ず年齢を確認する必要があります。「女の子が18才だと言ったから騙された」という言い訳も通用しないと考えてください。

10代に見える女の子の場合は、ちゃんと年齢を聞くようにして、女の子が18才以上だと言った場合でも、本当に18才以上かの確認をします。例えば、学校や仕事の話、生年月日、干支などの情報をトークの中で確認していく必要があります。中には18才未満でも18才以上だと嘘をつく女の子もいるので念には念を入れる必要があります。

ナンパ初心者の間は18才未満の女の子でも、トークの練習として相手にするのは問題ありません。わいせつな行為をせずに、深夜に一緒にいないのであれば、法律に反しません。トークの練習をする機会があまりない場合は、18才未満の女の子でもトークの練習相手にした方が成長は早くなります。

18才未満の女の子の危険性

18才未満の女の子に手を出して逮捕されたナンパ師は非常にたくさんいます。18才未満の女の子はすれていなくて反応がいい傾向にあります。そのため比較的簡単にゲットできてしまうことがあります。ナンパ師にとっておいしいターゲットだけについつい手を出すナンパ師は多くなります。

しかし、18才未満の女の子とセックスをした場合、和姦であっても逮捕されて人生を棒に振ってしまう非常に危険な相手というだけでなく、恐喝のターゲットになってしまう可能性もあります。ナンパをしてセックスをするまでは非常にスムーズで楽しくいってしまうだけに、なおさらしっかりと強い意志で我慢しなければ非常に大きなリスクを抱えることになります。

特に連絡先を交換している場合は気をつけなければなりません。簡単に逮捕されることになってしまいます。履歴を削除しても、携帯会社等には半年以上のログが残っています。18才未満の女の子とはできるだけ連絡先を交換しないようにしましょう。

刑法(強姦)

第177条 暴行又は脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、3年以上の有期懲役に処する。13歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする。

これは、気をつける以前の常識的な問題ですが、無理矢理女の子とセックスをすることは犯罪です。この法律で気をつけたいのは、13才未満の女の子とは合意でセックスをしても強姦罪になるということです。13才未満の女の子をターゲットにする人はほとんどいないと思いますが、強姦という非常に重い罪になるので気をつけなければいけません。

刑法(準強制わいせつ及び準強姦)

第百七十八条  人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第百七十六条の例による。
2  女子の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、姦淫した者は、前条の例による。

ナンパにおいて気をつけるのは強姦よりも準強姦の方だと言えます。女の子が酒で泥酔して抵抗できない状態にして、セックスをした場合準強姦が成立し、強姦と同じ罪になります。

ナンパした女の子と一緒にお酒を飲むという状況はよくあるケースになるので気をつけなければいけません。

逮捕されないためにどうすればいいのか?

今までに書いてきた注意点と重複する部分もありますが、「逮捕されないためにどうすればいいのか?」ということについてまとめます。

  1. 法律を守る
  2. 女の子に嫌な思いをさせない
  3. 違法行為をしていない証拠を残す

1.法律を守る

まず、法律を守るということは大前提です。法律さえ守っていれば逮捕されることはほとんどありません。ただ、ナンパでは法律を守っていれば100%安全というわけではありません。痴漢で冤罪があるようにナンパでも冤罪が起こりえます

2.女の子に嫌な思いをさせない

女の子が嫌な思いをしてしまえば、女の子が被害届けを出すことにつながり、逮捕の可能性は高まります。ナンパは性欲という強い衝動を伴うことですし、出来心で違法行為をしてしまうかもしれません。そんな場合でも普段から女の子に嫌な思いをさせずに「楽しかった、ありがとう」と言ってもらえることを心がけたナンパをしていれば、被害届けを出される可能性を減らすことはできます。強制わいせつや強姦などは問題外ですが、淫行条例などでは性行為自体は合意で行ったけれど、他の面で女の子が嫌な思いをして被害届を出されるという可能性もあります。「渋る女の子にお金を出させた」「やり捨てだと思われた」こういったことが被害届のきっかけになることもあり得ます。

3.違法行為をしていない証拠を残す

ナンパでは違法行為を一切していなくても逮捕される可能性もあります。和姦であっても女の子が嘘をついて被害届を出して、それによって逮捕されることが起こりえます。実際にそういった被害にあったナンパ師もいます。たくさんの女の子をナンパしていれば、頭のおかしい子に当たる可能性もあります。美人局に当たる可能性も0ではありません。

そういった場合でも違法行為をしていない証拠を残しておけば安心です。手間のかかる行為ではありますが、万全を期すというのであれば違法行為をしていない証拠は残します。

  • 女の子との会話を録音しておく
  • 女の子との行動を録画しておく

できるだけこのどちらかをするようにします。最初から最後までではなくてギラツキ以降でもいいでしょう。

家に連れ出した場合は録音・録画という記録を残しやすいので、できるだけ残すようにします。家に着いてからICレコーダーで録音してどこか目立たない所に置いておくだけで済みます。家に連れ出した場合は、女の子が被害届を出しやすくなります。その分リスク管理はより重要になります。

今まで、逮捕されたナンパ師を数多く見てきていますが、万が一に万が一が重なって逮捕に至る人もいます。そして、その1回で人生が台無しになります。一流会社を退社することになったり、離婚をすることになったりした人を見てきています。ずっとナンパを楽しみたくさんの女の子とSEXをしたいのであれば、リスク管理はしっかりとしなければいけません。この3つを守っていれば逮捕されることはまずありません。警察の怠慢な捜査で逮捕されたとしても違法行為をしていない証拠があるので罪を問われることにはなりません。


公開日:
最終更新日:2016/08/29

★ナンパ用女好きLINEアカウント★
ブログやTwitterには載せれないナンパ活動ネタやナンパノウハウ公開します☆
ぜひ登録してください!
誰でも登録できて誰が登録したかはこちらには分かりません。
女人禁制!
【規約】このLINEで配信される全ての情報の第三者への漏えいは禁止です。
LINEID:@realnanpa
↓登録URL↓
https://line.me/R/ti/p/%40ffr4383u
↓QRコード↓
line-realnanpa-qr

【RNA】極秘メルマガ(無料)への登録
お名前(姓)  *
メールアドレス  *
ブログやサイトに書くことのできない極秘の情報やノウハウを無料で配信!
ナンパ、ナンパ以外の出会い、恋愛、結婚、その他あらゆる情報を網羅!

【受信条件】
・メールマガジンの内容を誰にも一切言わないこと
・今後ナンパを誰かに教えないこと(RNAの紹介は可)
・ネットでナンパノウハウを書かない人
・ナンパビジネスをしたことがない人
・今後ナンパビジネスを絶対にしないと約束できる人

psozunbx
最短の成長で即を達成した塾生Oliverのレポート☆

初即への軌跡  リアルナンパアカデミー塾生のOliver(オリバ

アポで漫画喫茶
新規スト高アポで完全アウェーの戦い

某日、既セクから「遊ぼー」とアポが入る。 前にアポって塾生も混ぜ

家連れ出し女
女の子2人を飯→家×2 合計7即分w

某日、女の子2人を飯→家連れ出し。 Rと途中参加の塾生とで3対2

アパレル&OL
アパレル子&OL子との戦い

某日、ストリートに立つ。 そして、凄腕ナンパ仲間と塾生と一般的に

一歩
月間新規12ゲット達成の塾生一歩のレポート☆

塾生一歩談 「一カ月で12人の女の子とエッチ」 そんな結果を出

  • ナンパ塾リアルナンパアカデミー
  • HN:女好き 現役アラフォーナンパ師です。
    現在、黒髪・短髪
    東京と大阪で活動中
    かわいい子だけで1000人斬り
    月間新規60人とナンパでSEX
  • follow us in feedly 
PAGE TOP ↑