*

ナンパにおける「色」「色恋」とは

公開日: : ナンパ理論

「色」「色恋」って何?

「色」というのは「色恋」が略されて使われているもの。

では、「色恋」って何なのか?

色恋:男女間の恋愛や情事

辞書なんかではこう定義づけされている。

情事とは?

情事:恋愛に関する事柄。夫婦ではない男女の肉体関係。

ここで言う、「夫婦ではない男女の肉体関係」をナンパで言う色恋に含めると、SEXを目的としているナンパはすべて色恋になってしまう。しかし、そうではない。

色を使う、色恋を使うというのは、主に夜の店の文化の中でホステスやホストの営業スタイルとして使われている。ナンパ用語としての「色恋」もそこから派生したと言える。では、夜の店では「色恋」という用語がどう使われているのか?

・色恋営業
・友達営業
・枕営業

このように、どうやって客を食いつかせるのか、つなぎとめるのか、金を引っ張るのか、という手段として使われている。

友達営業とは、単純に友達関係によって客をつなぎとめ店に来てもらう。

枕営業とは、SEXを手段に使う。SEXをする代わりに店に来てお金を使ってもらう。店に客として来なければただの愛人か売春。

そして、色恋営業は「恋人関係」を餌に使う。その先にSEXがあることもあるし、ないこともある。「色恋」と「SEX」は必ずしも同居しない。これはナンパ用語の「色恋」と同じ。

ナンパでの色恋も餌としての「恋人関係」と定義付けできる。

ナンパにおける「色恋」とは・・・

「SEXするために恋人関係を餌に使う手段」

これが、ナンパにおける「色恋」「色」の定義。色恋は手段

ナンパはSEXのためにしているというのは、大前提とも言える。彼女作りのナンパなら常に色恋ナンパ、友達作りなら常に友達ナンパ、色恋を定義付けする必要のないナンパ。その他にも目的がSEXじゃないナンパもあるかもしれないけど、そういったものは例外として置いておく。

どこからどこまでがナンパにおける「色恋」なのか?

ナンパした女の子に対して「付き合おう」なんて言ったりするのはモロに「色恋」ですが、どこからどこまでがナンパにおける「色恋」なのかナンパ師の間でも曖昧にされているので、はっきりしていきます。

段階によっては「色恋」ではない

色恋はSEXをするためのであり手段である。

なので、「SEXという段階」「SEXにおける段取り的作業」は色恋ではない。「キス」というのは色恋に属する場合もあれば属さない場合もあると言える。SEXをするという段階、ギラつきの段階まで進んだ上でSEXにおける作業としてのキスであれば色恋ではない。それ以前の段階の恋人的なキスであれば色恋の要素があると言える。

新規アポでデートしてギラつかずに別れ際にキスをする。これは色恋と言える。

新規アポでギラついて、乳揉んで、手マンして、それからキスをする。これは色恋ではない。

色恋はSEXのための手段であり、「SEXという段階に進んでいる」のか「SEXという段階に進んでいない」のかで色恋なのか色恋ではないのか意味が変わってくる。SEXという段階に進んでいれば、もはや手段ではないから。

SEXの後にキープするために色恋を使う、金を引っ張るために色恋を使う。こういったものはもはや「ナンパにおける色恋」ではないと言える。

手段としての行使がなければ「色恋」ではない

色恋は手段。手段であるから、行使されていなければ「色恋」として成立していないと言える。つまり、ナンパ師が「恋人関係を餌にする行為」を行っていなければ色恋とは言えない、ということです。

ナンパ師がイケメンで、女の子がそれだけで「恋人関係になりたい」と思う。これは色恋とは言えません。ナンパ師と一緒にいて楽しいから女の子が「恋人になりたい」と思う。これも色恋とは言えません。ナンパ師は「恋人関係」を餌にしていないから。単なる友人関係でもする言動は「色恋」ではありません。

ナンパでは、女の子が「恋人関係」を期待することが多かれ少なかれある場合が多くなります。でも、こちらが「恋人関係を望んでいる」という意志表示を言語でも非言語でもしていなければ、「色恋」とは言えません。女の子が勝手に恋人関係を期待するのは「色恋」ではないと言えます。

「タイプだ」「かわいい」と女の子に言うことは「色恋」の要素を含むと言えます。「タイプ」「かわいい」と言うことは「恋人に求める要素を持っている」≒「恋人関係を望んでいる」ということになります。「かわいい」=「付き合いたい」ではないですが、他にマイナスがなければ「恋愛対象に入る」ということにはなります。一般的に。

「甘い空気を作ってイチャイチャする」というのも、曖昧ではあるけれど「色恋」の要素を含んでいると言えます。イチャイチャするというのは性の対象として扱うのではなく、恋人として扱う行為だから。疑似恋愛であったとしても性の対象ではなく恋人として扱う行為であれば「色恋」の要素を含んでいると言えます。SEXの段階に入っていれば「ナンパにおける色恋」とは言えないけど。

「手をつなぐ」これはもっと曖昧。状況、雰囲気、段階、などによって意味合いが変わってくる。ゆるやかな「色恋」になることが多いと言えます。

性の対象として扱う行為は「色恋」ではない

女の子を恋愛対象として扱うのと、性の対象として扱うのは別物です。

「タイプだからドキドキする」

「良い脚をしているからムラムラする」

この2つのアプローチは別物です。

前者は「色恋」、後者は「ギラツキの一環」と言えます。「タイプだからSEXしたい」これも色恋。恋愛対象の延長にSEXを置いているから。

色恋の是非

ナンパで色恋を使ってSEXをすることは「悪」なのか?

俺はそんなことを言うつもりはない。塾生に「付き合わないとSEXしないと言われた時、どうすればいいですか?」と質問されたら、「じゃあ、色使って付き合えば?」と返すこともある。

使いたい奴は使えば良いし、使いたくない奴は使わなければいい。ナンパして色んな女とSEXするということは、奇麗事だけじゃ済まない。それぞれが、「自分がどうしたいのか」「自分がどうありたいのか」というものに従えばいい。

「色恋」を使っても使わなくても女の子が恋人関係を期待すれば同じ。

という面もある。当然同じではない面もある。

「色恋」のメリット

「色恋」を使うナンパ師が多いのは、それだけ「色恋」にメリットがあるからと言えます。

「色恋」を使うと単純に「流れを作りやすい」。女の子の多くが「恋愛」を求めているし、「恋人」を求めている。女は「恋したい生き物」だから。「恋」を求めている女の子に、「恋」という餌をぶら下げると食いきやすい。こちらが女の子の恋愛対象に入っていることが前提になるけど。

「色恋」のデメリット

「色恋」にはメリットもありますが、「色恋」を使うことにはデメリットも色々あります。継続したい女の子だけに「色恋」を使う程度ならあまりデメリットはありませんが。

1.心理的に疲れる
2.色恋頼りだとゲットできない子がいる
3.枝をゲットできない

1.心理的に疲れる

色恋を多く使っていると心理的に疲れます。全然疲れないという人もいるだろうけどw

色恋で「恋人関係」を餌に使ってSEXをすると、女の子は「恋人関係という継続した関係」を求めます。そういった女の子に対して、その関係を拒否することは色々なストレスを生みます。

「女の子に騙されたと恨まれるストレス」

「女の子との関係を継続するストレス」

「束縛されるストレス」

「女の子との関係を切るストレス」

普通のメンタルの男であれば、こういったストレスが積み重なると疲れます。

また、「女の子に恨まれる行為をする」ということを重ねていくと、結局はそれなりの男にしかなれないし、それなりの女しか掴めないということになります。自分のあり方というのは、掴める女のあり方でもあります。類は友を呼ぶ。周りの人間・掴める女は自分を映す鏡。

2.色恋頼りだとゲットできない子がいる

ナンパをしていると色恋が通じない女の子とも出会います。女の子のレベルが高くモテる女の子であればあるほどその傾向は強くなります。そういった女の子を倒すには色恋以外の武器が必要です。安易に色恋を使うと安く見られることもあります。

また、色恋を使ってゲットできる女の子のほとんどが色恋を使わなくてもゲットできる女の子です。色恋ばかりを使っていると、他の武器を磨くチャンスを失っているとも言えます。より良い女の子をゲットしたいのであれば、色恋を使わなくても食いつかせるというパワーが必要です。

3.枝をゲットできない

色恋を使って女の子をゲットした場合、その女の子の枝をゲットしにくくなります。かわいい女の子というのはあまりいないし、かわいい女の子の友達はかわいいということが多くなります。わいい女の子の知り合いの女の子もゲットしていくことができれば、かなり効率よくかわいい女の子をゲットできます。しかし、色を使っていると、枝の女の子をゲットしにくくなります。

また、色を使ってゲットした女の子がバッティングした時に面倒なことになります。限定的なフィールドで活動していると既セクがバッティングすることはよくあります。キャバ嬢、モデル、クラブの女などでかわいい子は割とつながってたりします。全然別件でゲットした3人の既セクが一緒に遊んでいるということもありますw

女好きのスタイル

俺は上で挙げた、諸々のデメリットから「色恋」の要素はできるだけ排除します。関係を継続しても良い女の子であれば、色恋の要素をほんのりと含ませることはありますが。

それに加えて、「できるだけ勘違いさせない」という意識を持っています。色恋を使っていなくても、女の子が「恋人関係」を期待しないようにコントロールします。女の子に「この男はチャラい」「この男は私と付き合う気はない」「この男は付き合う対象としては向いていない」と思わせつつも、納得させてSEXをする。「付き合わないけれど、一緒にいて楽しくてSEXさせてもいい男」になるわけです。

すべてがうまくいくわけではなく、中には傷つけることもあるけれど、できるだけ勘違いさせない意識を持っているし、大そうなもんじゃなくても何か得るものがあったと思われるようにはしています。奇麗事というよりは罪滅ぼし的な感じ。

★ナンパ用女好きLINEアカウント★
ブログやTwitterには載せれないナンパ活動ネタやナンパノウハウ公開します☆
ぜひ登録してください!
誰でも登録できて誰が登録したかはこちらには分かりません。
女人禁制!
【規約】このLINEで配信される全ての情報の第三者への漏えいは禁止です。
LINEID:@realnanpa
↓登録URL↓
https://line.me/R/ti/p/%40ffr4383u
↓QRコード↓
line-realnanpa-qr

【RNA】極秘メルマガ(無料)への登録
お名前(姓)  *
メールアドレス  *
ブログやサイトに書くことのできない極秘の情報やノウハウを無料で配信!
ナンパ、ナンパ以外の出会い、恋愛、結婚、その他あらゆる情報を網羅!

【受信条件】
・メールマガジンの内容を誰にも一切言わないこと
・今後ナンパを誰かに教えないこと(RNAの紹介は可)
・ネットでナンパノウハウを書かない人
・ナンパビジネスをしたことがない人
・今後ナンパビジネスを絶対にしないと約束できる人

関連記事

ハートブレイク

彼氏持ち女の攻略法

ちょっと前にゲットした子が彼氏持ちやったんで、彼氏持ちの女の子の攻略法について書きます。かなり手

記事を読む

ネグ

今流行りのネグについて

ネグって何? 元々日本のナンパ師が普通にやっていることだけど、なぜか外人がつけた「ネグ」と

記事を読む

警戒心を解く

ナンパで警戒心を解く必要性

twitter(https://twitter.com/onnazukinp)のask(http

記事を読む

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

adakgr01up
大阪春の陣2017 打ち上げ編

大阪春の陣2017で見事優勝を果たしたチーム火の鳥。 当日、試合

2017harutaiketu020
大阪春の陣2017 対決編

1つ目 ⇒ 大阪春の陣2017 ドラフト編2つ目 ⇒ 大阪春の陣2

kaigigosoku3up
大阪春の陣2017 チーム火の鳥会議編

1つ前の記事はこちら ⇒ 大阪春の陣2017 ドラフト編 大阪春

aikon1
大阪春の陣2017 ドラフト編

2017年3月4日 火の鳥氏からツイッターでDMが届く。

taiketu2sokumeup03
ナンパ師vs恋愛工学生 対決編

【ルールの概要】 ・18:00~24:00はソロでのストリートナ

  • ナンパ塾リアルナンパアカデミー
  • HN:女好き 現役アラフォーナンパ師です。
    現在、黒髪・短髪
    東京と大阪で活動中
    かわいい子だけで1000人斬り
    月間新規60人とナンパでSEX
  • follow us in feedly 
PAGE TOP ↑