情報商材のクーリング・オフ

  • 2020.05.12

情報商材のクーリング・オフが認められる2つのケースとは?

情報商材と一口に言っても、ジャンルは幅広く、例えばゴルフやギターなどのレッスンの教材も含まれます。 提供された情報が、ユーザーにとって役立つものであれば、まったく問題ありません。 一方で、情報商材の中には、始めから、購入者を騙すことを目的として作られるものも見受けられます。 ここでは、情報商材のクーリング・オフが認められる2つのケースについて、紹介していきましょう。 情報商材のクーリング・オフが認 […]

  • 2020.05.12

情報商材のクーリング・オフが認められないケース

情報商材は訪問販売や電話勧誘で購入した場合、契約書を受け取った日も含めた8日以内に販売業者に申し立てることで、クーリング・オフが認められます。 クーリング・オフとは、違約金などを発生させずに、返品や返金を可能とする制度です。 ただし、生鮮食品や使用済みの消耗品、自動車やバイクなど、一部の商品やサービスに関しては、クーリング・オフが適用されないこともあります。 ここでは、情報商材のクーリング・オフが […]